一般的にCFD取引のトレードスタイルには、数秒単位で取引を終了させる「スキャルピング」、1日単位で取引を終了させる「デイトレード」、数日〜数週間で取引を終了させる「スイングトレード」、数週間〜数ヶ月で取引を終了させる「ポジショントレード」などがあります。スキャルピングの場合、数秒単位で取引を終了させるので、大きな値幅による強制ロスカットのリスクは減少されます。けれど、どうしても狙える利益の幅が少なくなりますから、それだけ、レバレッジを効かせて利益を大きくさせる必要があるはずです。また、一日に何回もトレード行う際には、手数料やコストといった点も考慮してトレードする必要があるはずです。デイトレードの場合、1日で取引を終了させるため、オーバーナイト金利の心配もなく、また、休んでいる間の値動きに不安になることもないのです。スイングトレードの場合、トレンドの読みさえ間異なっていなければ利幅を取ることができます。でも、数週間保有するとなると、オーバーナイト金利を考慮しなければならず、注意が必要です。ポジショントレードの場合、一定期間にポジションを入れ替えながらトレードする為、リスク配分を行う事ができます。しかし、中期保有型のトレード方法なので、こちらもスイングトレードと同じように、オーバーナイト金利を考慮しなければならないのです。基本としては、CFD取引はレバレッジを効かせることが出来る取引ですから、スキャルピングやデイトレードなどの短期投資に向いているですねー